www.boozoobajou-grains.com

クルマを手放すときや、また所有車の売却手続きの時もどちらも印鑑証明が必要になります。この印鑑証明というものに関して解説しましょう。印鑑証明とは実印として効力を持つことを証明する書面です。これがないのであれば、その印鑑が実印で間違いないという事実が裏付けられません。個人にとっては相当高額な商談になる自動車の売買なので、実印が必要になりますが、それと一緒に印鑑証明というものが要るのです。この印鑑証明を発行するにはその前に印鑑証明しておかなければなりません。印鑑証明に登録する印鑑は実印といい世界で唯一の印鑑であることが必須です。印鑑を持って、最寄の役場の取次ぎ所へいけば印鑑登録できます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードというものを発行してもらえてその印は実印になったということになります。印鑑証明を発行してもらうには、役所の窓口へ行き専用の用紙に必要項目を記載して印鑑登録カードを持って行く必要があります。そして自動交付機で発行してもらうことができます。印鑑証明には有効期限などはありません。ですので、いつ取得した印鑑証明であってもその効力は続くのです。ですが、中古車買い取りの際には印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類が有効とされています。基本的には有効期限などはないのですが、車の買い取り時には買い取り先の業者が有効期限を設定していますので愛車の売却予定の車があるとしたら買い取り前に手元に置いておく必要があります。

Link

Copyright © 1996 www.boozoobajou-grains.com All Rights Reserved.