www.boozoobajou-grains.com

簡単に言えば、任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは違い自賠責保険の範囲ではカバーできない補償が可能になるとても大事な保険です。これは任意の保険については自賠責保険の上乗せという役割で役に立つものですので自賠責保険でカバーできる支払い限度額を上回った時に働きます。それから、自賠責保険では物的損害については保証されていないのでそこまで補う時にはさらに任意保険にも加入しておくことが望ましいです。もう任意保険を支払っている車を廃車にする際は、国産メーカーの車あるいは外車などことは例外なく、残っている分が戻ってきます。これは国内メーカーの自動車を売る場合でも同様です。自動車損害賠償責任保険は普通はかけたままにしておくのが通例ですが任意保険というのは誰でもかけるものではないですから、中途解約になります。さらに任意保険をキャンセルをすれば納めている残存金額が返還されるということになります。車の取引が成立した場合でもすぐに任意保険の契約を解除するのはリスキーです。勿論、すぐさま中途解約するとその分還付される保険料は増えますが、もし自動車店が遠方にあって自ら持っていくということになったケースでは、任意保険なしで自動車の運転をするはめになります。万が一のリスクを考慮して、万が一にももう運転をしないと言い切れる時まで任意保険の契約の解除をすることがないようにしなければなりません。中古車を売却して即新たな車種に買い換えるのであれば良いですが、仮にずっと運転をしないような状態が継続して保険に加入している意味がなくなってしまったらこうした任意保険に入っていない時間が存在すると、過去に継続していた保険の等級が下がり任意保険の保険料が増額されることがあります。このような場合であれば「中断証明書」というものを出してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」があることで、最長10年は無保険になる前の等級を引き継いで加入することができるのです。これは、13ヶ月以内ならば出してもらうことができるので、もし既にクルマを手放していて「中断証明書」という書類を発行されていないのであれば保険の提供元や代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。もしも自分が新たに車を購入することになってそれから以前持っていた愛車を引き取りしてもらうのであれば任意保険は片方のみの契約となります。保険の切り替えということになるため、乗らなければなれないクルマであれば買取の際まで注意しましょう。また、任意保険は車種次第で金額がかなり変化してきますからクルマ買い取りの際は任意保険そのものを見直してみる良い機会になるでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.boozoobajou-grains.com All Rights Reserved.